読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なべはるの人事徒然

フィードフォース人事の中の人。採用、教育、評価制度、組織活性など、日々考えていることを綴ります。現在人事で働いている方、人事の仕事に興味のある方、就職活動中の学生などに読んでいただけたら幸いです。

朝食にピーナッツバターサンド!ドーミーイン宿泊レポート~千葉 そが浜の湯~

ドーミーイン

みんな大好きドーミーイン!

全国のドーミーインファンの皆さん、お待たせしました。2017年一発目のドーミーイン宿泊レポートです。
え?ドーミーインを知らないって?そんな貴方は下記の記事を4回読んできてください。

nabeharu.hatenablog.com

 2016年11月にはTV番組『マツコの知らない世界』の「コスパ最強4大ビジネスホテル」に選ばれた、出張サラリーマンに大人気のドーミーインです!

ren123456.blog.so-net.ne.jp

というわけで、正月休みを使って特に用もないのにドーミーインに泊まってきたレポートです!

千葉県民のソウルフードが食べられる!ドーミーイン千葉City Sogaの朝食バイキング!

行ってきたのは千葉県は蘇我のドーミーイン~そが浜の湯~。近すぎて出張で使うことは絶対にないので、プライベートで行ってきました!

www.hotespa.net

ドーミーイン3大名物の温泉・夜鳴きそば・朝食バイキングのうち、今回は朝食バイキングを中心にご紹介します。

私がいただいたのは下記のメニュー! 

f:id:nabeharu:20170205230728j:image

チェーンホテルにも関わらず、ご当地の食べ物が食べられるのがドーミーインのいいところ。
今回、千葉ならではのメニューとしては「かつお飯」「鰯の佃煮」それとお正月だったからか「お雑煮」。そして、写真にはありませんが「ピーナッツバターサンド」

そのほか、「かぼちゃコロッケ」「タコさんウィンナー」「チキンナゲット」「明太子入りオムレツ(その場で焼いてくれます)」「冷奴」「水菜とミニトマトのサラダ」「パイナップルとりんご」「ロールケーキ」をいただきました。
毎度のことですが、朝から食べ過ぎですね。

千葉県出身の方なら分かると思いますが、鰯の佃煮やピーナッツバターサンドは給食にも出てくる、千葉県民のソウルフード。これがビジネスホテルの朝食バイキングで食べられるなんて最高です。

なお、お腹いっぱいで食べられなかったのですがデザートは他にグレープフルーツやフルーツポンチにヨーグルト、プリンもありました。写真の左に見えるのがプリン。大きなおたまでもりっと取れます。

f:id:nabeharu:20170205230748j:image

というわけで、お風呂も夜食も朝食も大満足のドーミーイン千葉 そが浜の湯。千葉へ出張する際には是非ご利用ください。
京葉線に乗れば東京駅から乗換えなしで行けるのでアクセスも抜群です。

目指せ!ドーミーイン完全制覇

私は、人生の目標の1つに全てのドーミーインに宿泊する、ドーミーイン完全制覇を掲げています。現在、国内だけでも60近くあるドーミーイン。泊まったことがあるのは10くらいなので残り50くらい。しかも年々増えているので、人生残り50年を賭けるに相応しい目標になっています。

人気のためか中々予約が取れないけれど、これからもドーミーインに通い続けます!

 

↓今のところのMy Bestドーミーインは名古屋栄PREMIUM↓

nabeharu.hatenablog.com

採用管理システムにTalentioを選んだ理由

人事 採用

採用管理システム検討ポイントのアンサー記事

 3か月ほど前に、下記の記事を書きました。採用管理システム導入を検討していたので、そのポイントをまとめたものです。

nabeharu.hatenablog.com

その後検討した結果、システムはTalentio社のTalentioに決めました。今回の記事では、システムをどういうポイントで選んだか、何故Talentioに決めたのかを記録します。

Talentioを選んだ理由①:基本機能・要件を満たしている ただし...

まず、当たり前の話ですが、採用管理システムに期待する要件・機能を最低限満たしていることが前提です。今回重視したのは下記の機能。

  • 候補者登録 → 選考登録 → スケジュール登録までがスムーズか
    特にGoogleカレンダーとの同期ができるか
  • 候補者への連絡機能。システムからスムーズに候補者へ連絡できるか

特に2つ目の候補者連絡機能が想定以上にうまく機能し、業務が効率化されています。
今、私の会社では採用担当が2名おり、候補者との連絡はどちらのメンバーからも送る可能性があります。システムを使わずにメールでやり取りしていると、誰がどんなメールを送ったのか混乱する場合があります。状況を確認しようとすると過去のメールを検索する必要があって面倒だったり。

Talentioを使うと候補者ページからダイレクトにメールを送ることができるので、誰がいつ見ても候補者の状況・メール履歴を確認しながらメールを送ることができます。
しかも、候補者からのメールに未対応のものがあるとメールボックスに印がつくので連絡漏れも防いでくれています。

ただし、正直なところ機能の充実だけでTalentioを選んだわけではありません。むしろ、不満なところはまだまだあります。
特に、「エージェントとの連携機能」「候補者データの分析機能」はまだまだ実用に耐えるものではなく、今後の改善に期待したいところです。
正直、機能面だけでいえば、同時期に検討していたビズリーチ社のHRMOSのほうが優れていたように思えます。では、機能面で不満があるのにどうしてTalentioを選んだのかを、2つ目以降の理由で解説します。

f:id:nabeharu:20170205173857j:plain

 

Talentioを選んだ理由②:開発スピード・改善スピードが爆速

機能追加・システム改善のスピードがとにかく速い!2017年の1月だけでも大小13コの機能改善がありました。サポートから改善要望を出したら即日対応してくれたことも!
ここまで爆速で改善されていくのであれば、今時点の機能の不満もいずれ解消されるだろうという期待が持てたことが、選んだ理由の2つ目でした。

Talentioを選んだ理由③:他サービスとつながっていく思想に共感

バックオフィス部門には、採用以外に労務・評価・経理など様々な業務があります。当然、採用以外の業務のシステム化も視野に入れてますので、導入する採用管理システムが他のシステムとどう連携するか?は気になるところです。

よくあるのは、採用・評価・労務などの人事関連のシステムはまるっと同じ会社が開発・提供するパターン。同じ会社のシステムを使えば当然スムーズに連携できるので、その会社に全て任せられる場合は安心です。

一方で、Talentioは他社・他サービスと有機的に連携していく思想のようです。
手始めとして、KUFU社のSmartHRと連携しました。

thepedia.co

こういったサービスの思想は良い悪いも正解不正解もなく、好みの問題かもしれませんが、私自身はTalentioの有機的に連携していく思想に共感しました。
人事という分野だけ見ても、各社で状況・課題は様々です。採用の課題と労務の課題は全くの別物ということもあるでしょう。採用の課題をA社のシステムで解決できたからといって、労務の課題もA社のシステムに合致しているとは限りません。
それであれば、1社に頼めばなんでも解決できます、というワンストップ型ではなく、その時その時で適したサービスを複数活用し、それらサービスを有機的に連携させていくことのほうが時代に即しているように感じるのです。

Talentioを選んだ理由④:安い

最後に料金。Talentioはかなり安いです。
採用管理システムの相場感としては5万円/月 前後というところでしょうが、今ウチが利用しているプランは2万円/月 です。
というか、月間50名の候補者追加までなら無料で使えるので、かなりの期間無料で使わせてもらっていました。もう少し高くてもいいんじゃないかなぁと思うくらいです。

料金については下記参照。

料金プラン | 採用管理システムTalentio

ツールを使いこなすことで生産性を高める

日本だとまだまだ業務のIT化が進んでいないなんて言われたりしますが、最近はHRTech界隈も盛り上がってきてなんだかワクワクしますね。
ツールを使いこなすことで仕事が効率化し、短い時間で高い成果を出せるのは間違いないので、自社の課題に合った適切な選定と利用ができるようになりたいと思い、ツール選定について言語化してみました。

 

ところで、今は評価管理システムの導入を検討しています。どなたか評価管理システム導入のポイントを言語化してくれませんか…?(他力本願)

ワタナベに豆まきはいらぬ

雑談 ワタナベ

節分だ!豆まきだ!

今日は節分ですね。

節分といえば豆まきです。
各家庭で「鬼は外!福は内!」と豪快に豆を投げ、年の数だけ豆を食べていることでしょう。

古来より豆や米には邪気を払う力があると言われており、豆の持つ邪気を払う力で鬼を追い払うために豆をまくようになったと言われています。
ちなみに、まく豆は必ず炒った豆を使う必要があるとのことなのでお気をつけください。

このような、心温まる季節の節目のイベントである豆まきですが、私には関係のない話です。何故なら私はワタナベだから。

f:id:nabeharu:20170203194033j:plain

鬼はワタナベが怖い

時は平安時代。京都の大江山にて、鬼界の大物"酒呑童子"が大暴れしていました。
鬼を退治するべく「頼光四天王」が派遣され、ほとんどの鬼は討ち取られましたが、茨木童子だけは逃げ延び、リベンジを図ります。
その茨木童子を、四天王のうちの1人渡辺綱(わたなべのつな)が見事に返り討ちにし、茨木童子の腕をずんばらりんと切り落とします。
それ以来、鬼界隈の中で「人間界にはワタナベっていうヤバい奴がいる。ワタナベには近づくな」と評判になりました。
こうして、ワタナベ姓の人は鬼を追い払うまでもなく、鬼から逃げていくので邪気払いの豆まきは必要なくなったのです。

www.mag2.com

というわけで、全国のワタナベ以外の皆さん、鬼を追い払うために豆をまきましょう!

ワタナベ関連の記事はこちらもどうぞ↓

nabeharu.hatenablog.com

長時間労働者にかけるべきは、まずは労いの一言であると思う

働く

高まる長時間労働是正の意識

ノー残業手当」を支給する会社が出てくるなど、世の中の長時間労働に対する問題意識が日に日に高まっているのを感じます。

この流れには大いに賛成で、ただ長く働くことが美徳とされる時代は終わりを告げ、短い時間で高い成果を出すための工夫が様々な会社で行われていくことと思います。
ココで本質的にポイントとなるのは「生産性」という概念だと思うのですが、それについは下記の記事に譲り、ココではマネジャーとして、実際に長時間労働をしているメンバーへの気遣いについて思うところを書いてみます。 

nabeharu.hatenablog.com

無神経な「残業減らせ」はハラスメントになりえる

長時間労働是正の流れは今後も進み、マネジャーに対して自部門のメンバーの残業時間の削減を目標と課す企業も出てきそうです。

残業を減らそうとする施策自体は良いことなのですが、そのやり方には十分に気をつける必要があるように感じています。
具体的な改善案もなく、ただいたずらに「残業を減らせ」と追い立てるのはメンバーにとっては大きなストレスになるからです。
↓「ジタハラ」という言葉すら生まれつつあるようです↓

business.nikkeibp.co.jp

どんなメンバーだって、残業したくてしているわけではありません。仕事の成果のため、会社のために残業をしている人がほとんどです。
そんなメンバーに対して、
「何故こんな残業をしているんだ、もっと効率的に仕事をしろ。これからは生産性が大事なんだ。長く働いても誰も褒めてくれないぞ」
と責めてしまっては間違いなく心を閉ざしてしまうでしょう。
メンバーからしたら、会社のためと思って働いていたのにそのことを全否定されてしまうわけですから。
私にも経験があるのですが、そんな声のかけられ方をしたら、本当に辛いしやるせないし何ともいえない無力感と怒りがブレンドされた感情になってしまいます。あれは本当に辛い。

f:id:nabeharu:20170128204604p:plain

まずかけるべきは、労いの一言

ただいたずらに「残業を減らせ」と指示しても残業は絶対に減りません。前述のとおり、メンバーはしたくて残業をしているわけではないのですから。
労働時間を削減するための具体的な方法をアドバイスできるマネジャーであれば良いのですが、そうではない場合は上記のようなジタハラが起こってしまいそうです。

とはいえ、これまで生産性を意識してこなかったマネジャーが、急に労働時間削減の具体案を出せるわけもありません。私自身も、今まさにその課題に直面しています。
それであれば、長時間労働者にまずかけるべき声は労いであるべきだと思うのです。そのうえで、どうすれば労働時間を削減できるかをメンバーと一緒に考えましょう。

良いことかどうかは別として、メンバーは会社のために残業をしてくれています。そして、その状態を改善できなかったのはマネジャーの責任です。
「長い時間働いてくれていてありがとう、お疲れさま。これからはどうすれば短い時間で成果をあげられるか一緒に考えましょう」と感謝と労いの声をかけてあげましょう。

長時間労働には労いの気持ちを、しかし評価はしない

ここで塩梅が難しいのが、長時間労働を労う気持ちは重要なのですが、「残業することはいいことではない」ことはハッキリと伝えるべきということです。
遅くまで残業している社員に「頑張ってるね」と声をかけてしまうのは残業を肯定することになり逆効果です。

長時間労働は良くない・評価しないという組織の方針を伝えることと、長く働いている個人への労いの気持ちを意識的に分けて伝えるのが重要のようです。
社会の労働時間に対する意識の変化が、これからマネジャーに求められる資質や能力も、大きく変化をもたらしそうです。日々勉強ですね。

まとめ

  • 残業すること・長時間労働はいいことではないと明確に伝える
  • それはそれとして、これまで長い時間働いたことを責めるのではなくまず労う
  • そのうえで、今後どうすれば長時間労働を改善できるかを建設的に話し合う
  • メンバーが長時間働いているのは100%マネジャーの責任とする

年間60冊本を読む人事がオススメする、就活生が読むべき本5選

本好きの人事が就活生向けにオススメの本を紹介するよ

突然ですが、読書が好きです。5年ほど前から読書メーターで読んだ本の記録をつけているのですが、それによると5年間で338冊(小説含む、漫画含まず)読んでいるらしいです。1年にならすと60冊強、1か月で5~6冊です。何だか思ったより読めてないですね。
本当は月10冊くらい読みたいところですが、忙しくなるとやはり読書量減ってしまいます。年末年始はカフェで読書三昧したいですね。

そんな私が独断と偏見で選んだ、これから就職活動をする方・新しく社会に出る方にオススメする本を5冊紹介してみようと思います。
年末年始の読書に是非どうぞ。

f:id:nabeharu:20150524164510j:plain

就職活動はマーケットでの勝負!『マーケット感覚を身につけよう』

一冊目は王道でちきりんの『マーケット感覚を身につけよう』

ちきりんによれば、日本の学校は極めて市場性が低く、マーケット感覚を得づらいらしいです。自分自身にどんな価値があるのか、誰が何に価値を感じてお金を払うのか、というマーケット感覚を身につけることで、会社選びや仕事観の醸成に役立つことと思います。面接でのアピールも、受け手にとってどう価値を感じるかというまさにマーケット感覚が重要ですし。
下記に、読んですぐの感想レポートをまとめています。

nabeharu.hatenablog.com

進路に悩む貴方にユルいキャリア相談『好きなようにしてください~たった一つの仕事の「原則」~』

2冊目は、会社選びで悩める貴方に、楠木先生の『好きなようにしてください』

  • 大企業で安定をとるべきか、ベンチャー企業でやりがいをとるべきか
  • やりたいことをやるべきか、現実を見るべきか
  • 将来転職しやすいようなスキルを身につけるには

などなどの悩みに全て「好きなようにしてください」のみで答えています。
楠木先生らしいユーモアたっぷりとゆるさあふれる文章力で肩の力を抜いて楽しめる1冊ですが、「皆が思うほど環境で人生は左右されず、好きなように選んだ先で頑張れるかが重要。選択が間違ったと思うならまた違う道を好きに選べばいい」という本質的かつユルいメッセージが染みます。
こちらも、過去に読書レビューを書いています。

nabeharu.hatenablog.com

ITがもたらす生活の変化に思いをめぐらせる『インターネットの次にくるもの~未来を決める12の法則~』

ユルめの本が続いたので、少し難しめの本も紹介しておきます。ケヴィン・ケリーの『インターネットの次に来るもの』

ITなしでは語ることのできないこれからの世界。一体どんな世の中になりどんな生活になるのか...AIに仕事が奪われるニュースを目にすることもあり、何となく不安に感じている人もいるのではないでしょうか。
この本を読むと、ITによって未来がどう変わるのか・私たちの生活はどうなっていくのか...その可能性を覗き見ることができます。書かれていることのうち、私たちが生きている間は実現しないこともあるでしょう。それでも、テクノロジーが進化すればこんなことができるようになるんだ!私たちが生きている今は、こんな未来と地続きになっているんだ!とテクノロジーの可能性に純粋にワクワクします。

IT業界に興味がある人や起業を考えている人は必読ですし、ITの進化に何となくの不安を感じている人にもオススメです。

社会問題を親しみやすい話題で理解する『なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか? ~日本人が知らない本当の世界経済の授業~』

あまり就職活動とは関係ありませんが、私が学生時代に読みたかったと強く思える『なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?』

マイナス金利・テロ・少子高齢化・年金...などの私たちが直面している様々な問題を、普通の大学生にも分かりやすく解説してくれています。
解説するために、「進撃の巨人」「鋼の錬金術師」「セックスアンドザシティ」「セカイノオワリ」などのマンガやドラマ、音楽を例にしてくれるので政治・経済が苦手な人で読みやすいと思います。

ただ、少し偏った思想もあるようので全て真に受けないよう気をつけましょう。

ユルくてリアルなドタバタ仕事活劇『カイシャデイズ』

最後は小説枠。かなり悩んだのですが、あえて王道を外して、山本幸久さんの『カイシャデイズ』にしました。

中野にある小さな内装工事会社の普通のサラリーマンを描いた、ちょっと普通じゃないお仕事奮闘劇。『下町ロケット』みたいな熱い話ではなく、ゆる~くコメディタッチに描かれています。
山本さんの著作はどれもそうなのですが、仕事って、そんなにキラキラしたものでも恰好よくもないけど、でもそんなに悪いものでもないよっていう気持ちにさせてくれます。就職活動で疲れて、一息入れたいときにおすすめです。
巻末に、短編の「シューカツデイズ」も収録されています。

山本さんの他の著書では、『ある日、アヒルバス」もオススメ。ひたすら笑えます。

 

以上、独断と偏見で選んでみましたがいかがでしたでしょうか?
王道になりすぎず、意識高い系ばかりにしすぎず、と頭を使って選んでみたつもりです。年末年始は、読書に時間を使ってみてはどうでしょう。

残業しなくていい会社より、残業しなくて済むスキルを身につけたい

人事 働く

確かに残業はないほうがいいけれど...

経済産業省と小売り業界がタッグを組んで、月末金曜は3時に仕事を終えるよう呼びかける「プレミアムフライデー」を提案するなど、世の中的に日本の働き方を見直すべきだという声が強くなっているようです。

www.nikkei.com

働き方を見直すことについて、正直なところこれまで私自身の考えがまとまっていませんでした。

いきすぎた長時間労働は確かに悪だし、残業をせずに家族との時間や趣味の時間も大事にしたいと思う気持ちは確かにあります。
一方で、仕事を通して成し遂げたい成果や成長を考えると、ときには長く働くことだって大事なんじゃないかな、と思うこともあったり。今は私自身がライフイベント的に仕事に集中できるタイミングなのと、何より自分としてはけっこう楽しめている仕事の時間に対して、「残業は悪だ」「残業減らせ」と外野からとやかく言われたくないなんて思ってしまうことも。

そんなとき、ちきりんの『自分の時間を取り戻そう』と『生産性』を読んだことで、自分のもやもやが言語化できたように思います。
(ちきりんと伊賀さんは同一人物らしいですね)

仕事の価値観は人それぞれだけど、生産性は全員高めるべき

仕事はほどほどでいい・長時間労働してでもやりがいや報酬を手に入れたい・働いたら負け・趣味は仕事...などなど、仕事に対する価値観は人それぞれでいいはずです。
プライベートの時間を大事にしたい人に「やりがいにつながるから」と長時間労働を強要するのがよくないことであるのと同時に、仕事が大好きな人に「残業は絶対悪」と言って仕事をできないように取り上げることも同様に乱暴な話だと感じます。

一方で、ちきりんが言う『生産性』を高めることはどの価値観の人にとって必須なのだと、本を読んで気づきました。長時間労働は必ずしも悪ではないかもしれないけれど、生産性の低い労働は悪なんだと。そして、生産性を意識することなく残業時間だけを減らしてしまうことは危険とすら感じるようになりました。

f:id:nabeharu:20161211174427j:plain

仮に、生産性の低い働き方をしているAさんがいたとします。Aさんは生産性が低いので、仕事はいつも定時内に終わらず毎日残業をしています。
残業せずにプライベートの時間も作りたいと思っていたところ、会社の方針で残業を削減することに。一人あたりに求められる成果が低くなったおかげで、残業しなくても仕事を終わらせられるようになり、プライベートの時間も作れるようになりました。
短期的に見ればAさんは幸せになったように思いますが、求められる成果量が今後どうなるか分かりません。生産性は低いままなので、会社の方針・役職の変化などで求められる成果が高くなったときはまた残業しなければなりません。そうなったときに残業が嫌で転職をしようとしても、生産性の低い仕事しかできないAさんを良い条件で雇ってくれる会社はないでしょう。Aさんは、会社の方針が変わらないようにとビクビクしながら働き続けなければなりません。

着目すべきは残業時間よりも生産性

プライベートも充実させたいAさんが本当にするべきことは、仕事量を減らすことではなく、生産性を高めることです。

生産性高く働き、これまでと同じ成果を短い時間で出せるようになれば、成果はそのままにプライベートの時間も作れます。
ライフイベントの変化で人よりも短い時間しか働けなくなったとしても、高い生産性で人並みの成果を出すことができ、逆に仕事に集中したくなったときには人の何倍もの成果に挑戦することもできます。会社の方針が自分と合わなくなったときに転職することも容易でしょう。

どんな人生を送りたいのか、どんなキャリアを積みたいのか、どれだけの報酬を得たいのか...価値観は人それぞれですし、同じ人であってもライフイベントによって優先順位は変わります。大事なのは生産性高く働くことで、自分の人生の選択肢を増やすことだと思うのです。
生産性が低いままでは、プライベートを大事にしたいタイミングがきたとしても、無理して長く働くか収入を落とすか、というネガティブな選択肢しか残らなくなってしまいます。

生産性を高めるスキルを積める会社選び

ちきりんの本を読んで、残業しなくてすむ会社がいい会社なのではなくて、生産性の高い働き方を身につけることができ、プライベートを大事にしたい人も仕事を大事にしたい人も働き方を選べるのがいい会社なのだと思うようになりました。
就職活動でするべき質問は「残業時間はどのくらいですか?」よりも「生産性を高めるためにしている取り組みはなんですか?」のほうかもしれません。

下記は、現時点で私の思う生産性を高められる会社の条件です。

高い目標、成果を掲げている

目標がヌルいと、特に工夫をせず今の仕事の進め方でも達成できてしまい、生産性を高めようという気持ちになりません。ちきりんも、「今のやり方では絶対に達成できない目標を与えられたときが生産性を劇的に高めるチャンス」と言っています。
高い目標、成果を掲げていることがまず第一条件になると思います。

Webツールの活用に積極的

今、業務を効率化する便利なWebツールは山ほどありますので、それらの導入に寛容/積極的な会社かどうかが2つ目のポイントです。
人事領域でいえば、SmartHRなどの労務管理ツールや採用管理システム、日程調整ツールに勤怠管理システムなどを駆使して業務を効率化できる人と、紙やエクセルのみで管理して、それが非効率であることを気づきもしない人とでは長いスパンで考えると生産性が段違いで変わってくるように思います。
(私もまだまだ活用できていないのですが、そのことに気づいて危機感を持つことができただけでも、今の会社に転職してよかったと思えます)

人ではなく仕組みで成果をあげる

最後に。高い成果を掲げている会社であっても、長く働くことでそれを達成しようという会社はまだまだ多くあるように思います。ちきりん風に言うと「インプットを増やすことでアウトプットを増やそうとするのは最悪の方法」とのこと。

長く働いている人が高く評価したり認められたりという社風のままでは、生産性を高めることはできませんし、生産性を高めようという意欲自体が生まれません。人が無理に頑張って成果を高めるのではなく、頑張らなくても高い成果を出せる仕組みを作ろうとしている会社であることが重要です。

 

以上、いろいろと書いてきましたが、これまでの自分がまさに「自分が頑張ることで何とかしよう」という生産性のカケラもない働き方をしてきました。自分が頑張れば何とかなる程度の成果しか求められなかったともいえます。
そのツケがまわってきて、今ものすごく苦労しています。このタイミングでこれらの本に出会い、生産性について本気で考えることができたのはとても幸運だと感じています。できればもう数年早くこの考え方を身につけたかった... 

非エンジニアのぼくがSlackとQiita:Teamをどう使っているかを紹介するよ

雑談 働く

このブログはfeedforce Advent Calender 2016の4つ目の記事です。
今年はエンジニア以外のメンバーも一緒にやろう!ということで4日目は人事の私が担当します。このブログタイトルと同様、社内でも"なべはる"と呼ばれたり呼ばれなかったりしています。

www.adventar.org

エンジニアじゃないけど、SlackとQiita:Team、日常的に使っています

メーカー系SIerから、Webベンチャーに転職して2年あまりが経ちました。
転職前と後では、仕事の内容や責任・通勤時間・通勤時の服装など様々なことに変化がありましたが、大きく変わったことの1つにIT・Webツールの活用あげられます。前職在籍時には活用しようという発想すらなかったツールの活用で業務の進め方も大きく変化しました。

今回は日々使っているWebツールのうち、特に日常として使っているSlackQiita:Teamをどのように活用しているか紹介してみたいと思います。主にエンジニアが利用しているイメージが強いこれらのツールですが、フィードフォースではエンジニア以外のメンバーも全員が活用しています。もはやこれらを使わない仕事を想像できないレベル。

SlackとQiita:Teamを知らない方は下記を参考にしてください。どちらもSELECKで紹介されていますね。

seleck.cc

すごーくざっくりといえば、Slackはチャットツール、Qiita:Teamは情報共有ツールです。最近では大学生でも研究室内やプロジェクト内でのコミュニケーションでSlackを利用しているようで、だいぶ普及してきましたね。

f:id:nabeharu:20161206230543p:plain

Slackの活用方法

面接や面談のアサイン

まずはシンプルに、人事としての仕事の依頼です。人事は必然的に社内メンバーとの連絡・調整業務が多くありますが、その連絡の多くを下記のようにSlackに頼っています。

f:id:nabeharu:20161120220037p:plain

ちなみに、↑で面談を依頼している相手は社長。社長も普通にSlackを使っています。

下記のようにGoogleフォームと連携させて依頼することもあります。Googleフォームで面談依頼日程等を入力すると、Slackで下記メッセージが自動で通知されるようにしてあります。

f:id:nabeharu:20161120220602p:plain
対応してくれる人はリンク先のGoogleスプレッドシートに入力する仕組み

ToDo管理や全社連絡

忘れがちな日々のToDoを、下記のようにbotに通知してもらっています。毎週金曜日の夕方に候補者への連絡漏れがないかのアラートを投げてくれるようにしています。

f:id:nabeharu:20161120223659p:plain

feedくんは、フィードフォースのゆるキャラ公式企業キャラクターで、Slack内にbotとして住んでいます。「●●忘れてないですか?」とか、「議事録は●●さんお願いします」などの事務的な連絡も、feedくんにしてもらえると何だか和みますよね。
その後の会話がかみ合ってないのはご愛敬。

下記のように、全社員連絡を代わりにやってもらうこともあります。

f:id:nabeharu:20161120223733p:plain

雑談

仕事の話だけではなく、雑談や趣味の話もしています。
私が入っている雑談系のチャンネルは、 #random(雑談)、#gourmet(グルメ)、#boardgame(ボードゲーム)、#hub(イングリッシュパブのHUB)、#itabashi(板橋)など。

私のオススメは、板橋の名店・迷店をめぐる #itabashi チャンネルです。板橋大好き。

f:id:nabeharu:20161127185208p:plain
#itabashi の様子。皆で名物ホルモンのお店に行きました

Qiita:Teamの活用場面

次に、Qiita:Teamの活用方法です。最初、「情報共有ツール」と聞いたときはどう活用すればいいかのイメージが全く分からず、面倒そうだとすら感じましたが、今ではなくてはならない存在です。

毎日の日報

まずはシンプルに日報。日々の作業予定やメンバーへの感謝、ポケモンGoの情報などをdailyで共有しています。
他の人から見て人事が何をしているか知ることができるほか、日報を書くこと自体がその日の仕事を振り返るきっかけになります。

f:id:nabeharu:20161127190645p:plain

他の人の日報を見るかどうかは個々人の自由なのですが、私はできるだけ全員の日報を見ています。誰がどんなことをしているのか、今何に困っているのか等を何となく把握することができるので。会社の方向性や状況を知っておきたい私としては、情報がオープンになっていて知りたい人は自分で情報をとりにいける状態はすごく働きやすいです。

制度の告知

人事制度・福利厚生・セキュリティカードの使い方・経費精算のやり方などをQiita:Teamで発信しています。

f:id:nabeharu:20161127191335p:plain

他の周知方法に比較して、「メールやSlackでQiita記事のアドレスを貼るだけで周知できる」「気になる記事はストックして後から見返せる」「質問や意見などがコメント欄でのやり取りで他の人も見ることができる」などの利点があります。

俺のメモ

人事制度などの全員に知ってもらいたいちゃんとした情報共有だけでなく、読んでも読まなくてもいいふんわりとした情報共有にも使っています。
社内ではこの手のふんわり系情報共有記事には「俺のメモ」というタグがつけられています。

私が書いた俺のメモ記事をさかのぼってみると、「会議を減らすTIPS」「採用管理システムに求める要件」「ハーズバーグの二要因理論まとめ」「新年の抱負を実現するためのヒント」などがありました。

まだ生煮えのアイデアだったり、まだ決まっていない事柄であっても議論している段階からオープンにできるのが良いですね。興味がある人は読んだりコメントすればいいし、興味がなければスルーしても良い。

コミュニケーションツールには社風が如実にあらわれるかも

以上、私のSlack,Qiita:Team活用方法をご紹介しました。
ここまで書いていて思ったのですが、コミュニケーションツールにはその会社の社風がダイレクトに反映されているように思います。

コミュニケーションはオープンなのか・Webツールの導入が許容されるのか・導入後に浸透するのか・仕事以外の話題や雑談が許容されるのか...等々。

フィードフォースのエンジニアブログ↓で、緊急対応時にSlackを利用した話が記事になっています。早朝の障害対応という緊迫した状況下であっても(だからこそ?)フィードフォースらしい雰囲気を感じられる内容ですので、よかったらご一読ください。

tech.feedforce.jp

お読みいただきありがとうございました!