読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なべはるの人事徒然

フィードフォース人事の中の人。採用、教育、評価制度、組織活性など、日々考えていることを綴ります。現在人事で働いている方、人事の仕事に興味のある方、就職活動中の学生などに読んでいただけたら幸いです。

人事

年度末の人事評価はもう時代遅れなのかもしれない

年度末の人事査定は時代遅れ?! グローバルな先進企業の取り組み、有識者の見解、いくつかの文献と自分自身の体感値を合わせて、今後は半年や1年に1度の人事査定はなくなっていく流れになるのは間違いなさそうです。今後、この流れを日本企業で・自社でどう取…

タレントマネジメントシステムに求める要件

自社の社員数も70人に迫り、そろそろタレントマネジメントシステムを導入しようかと検討しているので、その検討ポイントを自分用メモとしてまとめました。 自分用のメモではありますが、これからタレントマネジメントシステムの導入を検討している方にも参考…

採用管理システムにTalentioを選んだ理由

採用管理システム検討ポイントのアンサー記事 3か月ほど前に、下記の記事を書きました。採用管理システム導入を検討していたので、そのポイントをまとめたものです。 nabeharu.hatenablog.com その後検討した結果、システムはTalentio社のTalentioに決めまし…

残業しなくていい会社より、残業しなくて済むスキルを身につけたい

ちきりんの『自分の時間を取り戻そう』と伊賀泰代さんの『生産性』を読んで気づいた、会社選びで重要なことをまとめました。 社会の変化に左右されずに、自分の人生の選択肢を増やすためには生産性高く働くことが必須だと思います。

採用管理システム導入の検討・比較ポイントをまとめてみた

採用管理システム導入の自分的メモ。 何を目的に導入し、どんな機能が必要なのかをまとめました。

人事はもっと発信しよう!HR Meetup Tokyo vol.2 に参加しました

メルカリの石黒卓弥さんが主催している人事ミートアップイベントに参加してきました。 HR Meetup Tokyo “The War for Talent”とは 採用に悩んでいない会社はない!他社の良い取り組みを自社にも活かそう!ということで、メルカリの石黒 卓弥さんが主催してい…

採用の現場で学生を子ども扱いしない

新卒採用の仕事に関わるようになって8年ほど。数多くの学生と接してきました。 そんな中で、個人的にひっそりと気をつけていることをまとめてみます。「こうじゃない採用担当者はけしからん!」という趣旨ではありませんのであらかじめご了承ください。 学生…

なべはる、広告運用始めるってよ

「人事担当者こそ優秀なマーケッターであれ」という言葉に心動かされたので、なべはるブログをFacebook広告に出稿してみます、という宣言。

ストレス耐性よりもストレス要因を見よう

今や当たり前となりつつある、採用時のストレステスト。盲目的に運用していると思わぬ落とし穴があるかも?! 正しく理解して、正しく運用しましょう。

自分の仕事じゃない仕事はない

管理部門で働く心構えについて。 知らず知らず、「それは自分の仕事じゃないんで」などとお役所仕事になってませんか?

人事部員のバイブル『戦略人事のビジョン』読書レビュー

冗談抜きで全ての人事の方に読んでいただきたいバイブル。八木洋介先生の『戦略人事のビジョン』読書レビューです。

人事として働くのが一番その会社の良さが分かるかもしれない

人事として働いていると、多くの社員と交流する機会が多いので、自社がどんな会社なのか、社員にどう思われているかをダイレクトに感じることができます。

自分の力を最大限発揮することが一番の社会貢献

なべはるの社会貢献の捉え方と人事のロマンについて 持論100%です。

通勤手当は何のため?福利厚生の意味を考えてみた

通勤手当に家賃手当て、当たり前に設定されている福利厚生が本来持つ意味とメッセージについて考えてみました。

ギャル男に学ぶ労働判例〜非正規雇用の雇い止め無効〜

とにかく分かりづらい労働法の判例。 分かりやすくするためにギャル男に解説してもらいました。

『シンプルに考える』を読んだシンプルな感想

『シンプルに考える』を読んだ感想。 人事にとっての顧客価値について少しだけ考えてみました。

賞与(ボーナス)がないほうがいい会社

(問題) 賞与込みで年収400万円の会社と、賞与なし 月給のみで年収400万円の会社、どちらのほうがお給料が高いでしょう? 意外と知らない賞与と年収の関係について解説します。

無責任だからこそ生まれる発想がある!~無責任会議のススメ~

アイデアに行き詰ったときの新しい打開策!「無責任会議」を紹介します。無責任が企業を救う!

研修担当者は必読!『無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論』読書レビュー

今週のはてなブログのお題が「最近おもしろかった本」なので、読書レビューを。 ↓読んだ本はコチラ↓ 無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論 18人の巨匠に学ぶ組織がイキイキする上下関係のつくり方 posted with ヨメレバ 海老原嗣生,守島基博(解…

LIXIL八木副社長と楠木先生の熱い対談(HRカンファレンス2015春レポート)

本日、HRカンファレンス2015春に参加してきました。 その中で、LIXILの八木さんと一橋大学教授の楠木先生との対談が、控えめに言ってめちゃ熱かったので概要と感想を記します。 まずはパネラー紹介から。 八木 洋介 日本GEでシニアHRマネジャーを務め、2012…

「人材」「人財」の本当の意味

社員を大切にしている会社は「財」の字を使う? 「社員は材料ではなく、財産として扱って大事にしているんです。だから部署名を人財開発部にしているんですよ」 とか、 「わが社は社員を財(たから)と思って経営してます」 という話を最近よく聞くようにな…

新卒で人事に配属されないほうがいい

人事部は人気部署? 4月です。 新入社員の配属と異動の季節ですね。 この記事によると、社会人1年目、2年目の配属希望では人事部が3位のようです。 ちなみに1位は総務部。うーん、意外ですね。 で、実際学生や若手社員と話をしていても、人事希望だという人…